大学生・短大生・社会人Interview
早川 真代

本気でエアラインの仕事に就きたかったから。

「本気でエアラインの仕事に就きたい、本気で自分の夢をかなえたい。でも、そのためには今のままじゃだめだ。」この想いが、短大卒業後の進学へと私を導きました。

大阪外語とのはじめての接点は学校見学会。その学校見学会に参加した際、先生方や在校生の方がとても親切に色々なことを教えてくださいました。その熱心な姿に惹かれて、ここだったらエアラインの仕事に就けるかもしれないと思い、大阪外語に進学することにしました。

モチベーションがあがりました。

大阪外語では、クラスのみんなが同じ目標に向かっているので、短大の時よりもエアラインの仕事に就きたいという気持ちが更に強くなりました。

エアライン業界で活躍された先生方から専門的な事を詳しく学ぶことが出来ましたし、ネイティブの先生から生きた英語を習うことが出来ました。授業の雰囲気が全員で作っているという感じなので、みんなが一つになれました。

hayakawa1.jpg

そんな授業の中でも面接対策の授業が一番ためになりました。面接がとても苦手だったのですが、先生が厳しく細かく教えてくださったおかげで、本番の面接はあまり緊張することなく臨むことが出来ました。

hayakawa2.jpg

企業との信頼関係がある。

企業説明会を学校内で行ったり、企業と信頼関係があるからこそ出来る校内イベントなどをやって下さり、就職活動をする上でとても助かりました。

大阪外語は就職の情報もとても多く、先生方や就職カウンセラーの方などが私たち在校生と近いので、どんな時でも私達の支えになりました。

まず、本当にやりたいことを考えてみて下さい。

自分が本当にやりたいことをまず考えてみてください。そのやりたいことをする為にはどうすればよいのか、どの方法が一番自分にあっているのかを考えて行動してください。

そうすれば、毎日毎日が充実して楽しく過ごせると思いますよ。

プロフィール

prof.jpg

早川 真代
キャビンアテンダント・エアライン科 卒業
神戸山手短期大学 生活科出身
JALエクスプレス
    客室乗務員

関連リンク

資料請求ボタン