グローバルに活躍できる力をここで。大阪外語専門学校

高校生・保護者の方資料請求はこちら高校生・保護者の方資料請求はこちら 大学生・短大生・社会人の資料請求はこちら大学生・短大生・社会人の資料請求はこちら 高等学校の先生方の資料請求はこちら高等学校の先生方の資料請求はこちら 入学相談室0120-166-277携帯からも通話料無料

学校紹介学校紹介学科紹介学科紹介募集要項・経済サポート募集要項・経済サポート就職・進学就職・進学海外留学海外留学オープンキャンパスオープンキャンパスアクセスアクセス

OCFLトップページへOCFLトップページへ大阪外語専門学校 > 総合英語科 > 大学編入専攻

大学編入専攻

しっかり英語をマスターして
国内大学3年次編入をめざす。



大学編入では「英語」「小論文」「面接」が重視される傾向があります。OCFLの2年間で英語や大学編入に必要なスキルを磨き編入試験の準備をします。しかしながら、OCFLの学びは単に大学編入準備だけにとどまらず、外国人教師が行う英語の授業、「ビジネスマナー」、「中国語/韓国語コミュニケーションスキルズ」の習得などの幅広いカリキュラムを通して、総合的な力もつけます。大学につながる学び、密度の濃い学び、浪人せずに大学進学したい人におすすめの専攻です。


OB,OGからのメッセージ(写真をクリックしてメッセージを見よう!)

奈良女子大学 編入

 


滋賀大学 編入

京都府立洛東高校 出身



神戸市外国語大学 編入

兵庫県立伊川谷高校 出身


同志社大学 編入

大阪府立四條畷高校 出身


大学編入をする5つのメリット

point_01
実社会で使える英語を身につけてから大学編入をめざす  実際の社会で役立つ実践的な英語を学ぶことで、大学だけで学んだ人に差をつけながら、ワンランク上の大学の3年次編入を目指します。どの大学で何を学びたいのか、それを活かして将来何になりたいのか、講師や専任フタッフのアドバイスを受けながら、しっかり進路を考えることが出来ます。
編入の場合は年次の遠回りがないので浪人や休学をして受験し直すよりも、時間に無駄がなく就職などにも有利な場合が少なくありません。また予備校などの費用も不要になり、大学卒業までの出費を抑えることができます。

point_02
センター試験は不要。しかも入試科目が少ない。国公立大学でもセンター試験を受験する必要はありません。しかも編入試験の受験科目は(外国語+小論文(専門科目)+面接)という大学が多いので、学習する範囲が狭くなり、受験勉強の対策が立てやすくなります。
国公立大学でもセンター試験を受験する必要はありません。しかも編入試験の受験科目は(外国語+小論文(専門科目)+面接)という大学が多いので、学習する範囲が狭くなり、受験勉強の対策が立てやすくなります。

point_02
ワンランク上の大学を目指せる。編入試験ではおおむね試験科目が少なく、的を絞った受験勉強ができ、TOEICやTOEFLなどのスコアが評価されることもあります。したがって、高校卒業時に受けた大学よりもレベルが上の大学にも合格できる可能性が高いのです。
編入試験ではおおむね試験科目が少なく、的を絞った受験勉強ができ、TOEICやTOEFLなどのスコアが評価されることもあります。したがって、高校卒業時に受けた大学よりもレベルが上の大学にも合格できる可能性が高いのです。

point_02
編入まで、就職決定に余裕がある。高校卒業後に受験する時点で、将来の進路がはっきりしていなかった場合でも、編入の準備期間中に、目指す方向が明確になっていくこともあります。大学に編入の際には、それに対応した大学や学部を選択し、目標を実現する機会をつかむことができます。
高校卒業後に受験する時点で、将来の進路がはっきりしていなかった場合でも、編入の準備期間中に、目指す方向が明確になっていくこともあります。大学に編入の際には、それに対応した大学や学部を選択し、目標を実現する機会をつかむことができます。

point_02
編入後、すぐに専門分野が学べる。大学3年次に編入するため本来、大学の1,2年次で受講する一般教養科目の授業を受ける必要はなく、編入直後から学びたかった専門分野の講義を受けることが出来ます。それだけに学びがいもあり、意欲も高まります。
大学3年次に編入するため本来、大学の1,2年次で受講する一般教養科目の授業を受ける必要はなく、編入直後から学びたかった専門分野の講義を受けることが出来ます。それだけに学びがいもあり、意欲も高まります。

資料請求はこちら、無料でお送りいたします。資料請求はこちら、無料でお送りいたします。
あなたの夢を実現へと導く「For My DREAM」、
大阪外語の全てが分かる
「就職・留学・大学編入実績BOOK」

資料請求して頂くと、オープンキャンパスなどの詳しいご案内もお送りします。

OCFLの特長ピックアップ!

英語が苦手でも大丈夫!

英語力をぐんぐん伸ばす
レベル別クラス編成
英語関連授業は、本人の到達点に合ったレベル別クラスで実施。外国人教師が生きた英語を指導します。独自の英語トレーニング法で、無理なく実力を伸ばせます。

業界のプロが授業を担当!

魅力的で個性的な
講師陣
業界を知り尽くした講師による授業など、業界出身のプロが学生目線で、ノウハウを効率的に教えます。語学、観光、国際ビジネスのプロ達が授業を担当します。

資格取得にも強い!

就職・進学のための
資格対策
資格取得は憧れの仕事に就くための第一歩。大阪外語ではTOEIC/TOEFL/英検などをはじめ、様々なビジネススキルに関する資格取得対策を実施し、多くの有資格者を生み出しています。

社会で必要なマナーやモラルを身につける!

マナー・モラル・
ホスピタリティ
挨拶、言葉遣い、身だしなみから電話や来客の対応など、社会人に求められる基本的なマナーやモラルをしっかり身に付けます。またサービス業に必要なホスピタリティも学びます。

授業ピックアップ!

時事問題・論文対策演習

論文対策演習小論文入試で取り上げられる確率が高い時事問題について解説すると共に、小論文作成のための知識やテクニックを教授。課題文の読み方や、説得力のある論理的な小論文の書き方などを身につけることが出来ます。また、志望大学に応じた指導も行います。

大学編入試験対策演習

大学編入英語対策編入試験は英語の筆記と小論文、面接試験の3つが中心。とりわけ英語の対策授業が、どこよりも優れていることは言うまでもありません。効率的に進めるため、過去の入試問題を中心に学習していきます。また、志望する大学の編入試験に沿った対策を行っていくことで、合格はもとより、大学編入後の就職活動にも大きな差が出て、選択肢を広げることが出来ます。

資料請求はこちら、無料でお送りいたします。資料請求はこちら、無料でお送りいたします。
各学科・各専攻のカリキュラム、時間割例は資料請求してください。
あなたの夢を実現へと導く「For My DREAM」、
大阪外語の全てが分かる
「就職・留学・大学編入実績BOOK」

資料請求して頂くと、オープンキャンパスなどの詳しいご案内もお送りします。

airline_hr.gif

在校生インタビュー

 

大平 和磨 さん

奈良県立奈良北高校 出身 (01/20)

kazuma_ohira.jpgg・学校生活はどうですか?
とても楽しい充実した日々を過ごすことが出来ています。総合英語科はエアラインのクラスに比べて少人数な分、一人一人の関係がより密接になって、今では学科全員の人と仲がよいです。そして授業以外にもカナダ、アメリカへの短期語学研修プログラムが用意されていたり、ハロウィンの日にはみんなで仮装して学校に来て、仮装No.1を競ったりと、いろいろ楽しいイベントがあって、いろんな面から刺激を得ることができます。

・好きな授業は?
私が好きな授業、Speaking(英会話)と大学編入対策の授業です。Speakingでは直接ネイティブスピーカーの先生と会話をし、自分から英語で話すという経験ができます。ネイティブの方と直接話して初めて得るものが沢山あって、日々自分の会話力が上がっているのを感じることができます。そして、大学編入対策の授業では、各大学の過去問題を解き、自分が行きたい大学に向かって、英語の読解スキルを上げることが出来て、とても為になっています。

・なぜこの専攻を選びましたか?
私は高校3年生の時に、大学受験をして、自分の行きたかった大学に合格する事が出来ませんでした。その時はもう1年浪人をして勉強し、自分の行きたかった大学をもう一度受験しようと考えていました。そんなときにふとホームページで出会ったのが、大阪外語の大学編入専攻でした。大学編入専攻は2年後の受験に向けて英語長文の読解、小論文、面接などを徹底して学ぶことができ、浪人して1年大学の入学が遅れることなく、大学3年生から編入できるということに魅力を感じました。


 

大学編入専攻のための春季特別講座

毎年2月に「大学編入春季特別講座~先輩たちとの交流会~」を行っています。毎年、熱心な質疑応答は予定時間を大幅に超えるほどです。

先輩たちは、それぞれが、OCFL在学中にTOEIC500点アップを達成したり、すでに940点を取得したりと、目を見張る素晴らしい結果を残した面々です。しかし、彼らもOCFLに入学した時は全てが一からのスタートでした。 どのようにしてこのような素晴らしい達成ができたのか? 2年間のモチベーションの維持、勉強のプランニング、スランプ時の解消の仕方、小論文と面接についての準備の仕方など詳細にわたり具体的なアドバイスが続きました。

大学編入プログラム

大阪外語専門学校から国内大学編入

~有意義な4年間を過ごすために~

現在、一定水準(2年制学科、1700時間以上)を満たした専門学校修了者の大学編入が認められています。英語や小論文、面接などの編入試験に合格すると、志望大学の3年生になれます。編入した大学で所定の単位を取得すれば、卒業資格(学士の学位)が与えられ、教員免許状などの資格取得も可能です。現在、ほとんどの国公立・私立大学で編入試験を実施しています。
大阪外語専門学校では、大学編入対策として、大学編入プログラムを選択授業で受講することが出来ます。また、大学併修・編入センターを設置してサポート体制を整えています。大阪外語専門学校なら、充実したカリキュラムで学習を進めることが出来、専門学校と大学の2つの卒業資格を取得することが可能です。

大学編入チャート1


大学編入チャート2

夢を手に入れた先輩たちから

濱崎 史詩さん

国立奈良女子大学 合格

英語があまり得意では無かったため、英語力を付けてから大学に入りたかったのでOCFL大学編入専攻に入学しました。在学中は受験勉強よりむしろ毎日の授業をしっかり受けました。授業をしっかり受けて、課題をしっかりこなせば自然と英語力が付きます。あとは単語は覚えられるだけ覚え、英検TOEICも積極的に受けましょう。

高橋 佳奈さん

関西外国語大学 合格

専門学校入学前から卒業後は大学編入したいと思っていました。
OCFLでリスニング、スピーキング力を磨き、大学では語学だけでは無くコミュニケーション能力を養いたいと思いました。
編入試験では小論文が苦手でしたが、課題文の中に答えがあると思い何度も読み直しました。編入を目指す方は、どうか自分を信じて最後まで諦めないでください。

奥村 柾人さん

関西外国語大学 合格

週3回のスピーキングの授業、大学編入後のビジネスマナーなどの授業がカリキュラムに含まれていたため大阪外語に決めました。編入のための勉強は、英単語、試験直前は長文読解を繰り返し練習しました。編入を目指すには常に、本やネットなどを利用して自分の知識を増やし、見聞を広めることが大切です。まだ将来の目標が見つからない人は特に、授業に参加し続ける事が重要だと思います。

島崎 聡一郎さん

関西外国語大学 合格

大学受験に一度失敗してしまい、家からも近く、カリキュラムも自分に合っていたのでOCFLに入学しました。大学編入のために、基本的に英語は単語帳を持ち歩き、大学の過去問題から解らない単語を中心にピックアップして、まとめていました。英語はOCFLで学び、大学では英語で学び、将来は教員を目指します。

久保 順平さん

大阪国際大学 合格

大学受験に失敗したので大阪外語に入学しました。編入試験の面接では、2対2で、入学してからやりたいこと、今までの学校生活などを質問されました。また、試験を見越した小論文を先生に添削して頂きました。私にも大学編入出来たので、みんな頑張れば行けるはずです!頑張って下さい!

七尾 大地さん

関西外国語大学 合格


経済的な理由で浪人が出来ず、行きたい大学に行けなかったため、また英語意外にも社会に出て役立つ授業が多く組み込まれていたためOCFLの大学編入専攻に入学しました。編入のために過去問は何度も解き、新聞や英字新聞などで編入試験によく出る時事問題などの知識を勉強しました。
英語力はOCFLの授業で力が付きますが、小論文と面接は志望大学の学部や学科の専門知識も聞かれますので、しっかり対策を練って試験に挑んで下さい。

笠原 佑麻さん

関西学院大学 合格

大阪外語専門学校に入学した当初は卒業後、すぐに就職するつもりでした。しかし、大学に進学した同級生との知識の差などを感じたことがきっかけで大学編入を決めました。
編入を目指すにはまず自分から行動を起こすことが大事だと思います。実際に私も編入に関する質問や小論文の添削をお願いするために何度も先生方のところへ行ったりと、とにかく動いていました。行動を起こせば必ず先生方はサポートして下さいます。計画的に頑張って下さい。

小森 彩さん

常磐会学園大学 合格

カナダ語学研修に参加して、保育士の資格を取得したいと考えたため大学編入をしようと思いました。編入試験は面接対策に的を絞って勉強しました。私の場合は編入すること自体を決めたことが遅かったけど、しっかり合格しているので自信を持って臨んで下さい。大学では幼稚園と小学校教諭免許を取得したいと思います。

川野 麻実さん

奈良女子大学 合格

先生に勧めてもらい大学編入をしたいと思うようになりました。勉強は専門分野に関する本を読んだり、新聞記事を切り抜いたりしていました。また希望大学の教授の著書にも目を通しました。
小論文の授業で論理的に考える力を養えたことは、大学に入ったからも大いに役立つと感じました。英語で文献を読むこともあると思うので、英語力の底上げが出来たこともよかったです。編入試験を目指すにはまず、気になる大学のリサーチは早めにしておいた方が良いと思います。実際に通っている先輩方の意見を聞くのもオススメです。

齋藤 雅之さん

滋賀大学 関西大学 ダブル合格

GS 齋藤さん浪人せず、好きな英語を勉強してから大学に行けると思ったので大阪外語専門学校に入学しました。大学に編入するために、TOEIC、公務員テキストなどの勉強をしました。大阪外語で学んだことは、大学卒業後も間違いなく活かせると思います。編入マジックという言葉があります。自分が持つ意志が強ければ強いほど、その大学の合格率が高まりやすいことです。一般入試のように「みんなやってるから」で勉強してきた人は失敗しやすいです。頑張って下さい。

佐藤 葵さん

関西外国語大学 京都外国語大学 ダブル合格

GSU 佐藤さん基本的なことから英語を学びたいと思い、大阪外語専門学校に入学しました。編入対策としてとにかく、英検2級を目指して勉強しました。また、模擬面接の授業もあり、本番では落ち着いて面接を受けることが出来ました。大阪外語で学んだマナー教育などは、きっと就職活動の面接で活かせると思います。

奥 穂乃香さん

関西外国語大学 京都外国語大学 ダブル合格

GS 奥さん高校3年生の時に家庭の事情で中退し、その後高卒認定を取り、そのまま大学受験をしようと思いましたが学力に自信が無かったのでOCFLで2年間学習しなおすことでワンランク上の大学を目指したいと思い、入学しました。志望大学の過去問題が英検の問題に似ていたため過去問題だけで無く英検のテキストや単語なども徹底的にやり、2級程度は完璧に解けるように頑張りました。英語力は本当に日々の積み重ねで身につきます。将来は観光業界に就いて外国人観光客に日本のすばらしさを伝えたいです。

孔 涵鋭さん

関西外国語大学 合格

ES 孔さん自分の英語力がまだまだ足りないと思ったので、大阪外語専門学校に入学し、大学編入を目指しました。大阪外語では毎日英語がしゃべれるような環境で、SpeakingとWritingがかなりよくなりました。編入センターの先生は凄く優しいですが、いろいろなアドバイスを的確に教えてくれて、何もわからない私にはとても助かりました。大学に編入してからは質問をするときはもちろん、ノートもメモも全部英語で書こうと思います。

尾上 諒次さん

関西外国語大学 合格

GSU 尾上さん大学受験に失敗したため大阪外語で勉強し直そうと思い、入学しました。入学1年目から英語の長文を読み、読解力を身につけ、テストが近くなると過去問題を解き、自分の苦手な文法の見直しをしました。また4年制大学ではあまり学ばないビジネスマナーの授業も1年間受講したので他の学生よりも就活の面接に自信を持って臨むことが出来そうです。編入試験を受けるならOCFLで編入対策と小論文対策を受けるのがいちばん編入に近づけると思います。

後藤 晴香さん

関西外国語大学 合格

GSU 後藤さん高校が商業高校で、大学の英米語科に入ると英語力が不足すると思い、一から英語を勉強し直そうと思い、大阪外語専門学校に入学しました。大学編入対策として、ひたすら過去問題や、長文を解きました。大学では、アメリカやヨーロッパの移民問題に興味があるので、詳しく勉強したいです。またSpeakingや異文化関係の授業経験を生かして積極的に外国人と話したいです。

中川 真実さん

同志社大学 合格

少人数制のクラスで大学編入に必要な英語をしっかりと学べると思ったからOCFLに入学しました。在学中は本を読んだり、小論文の練習、またTOEICのスコアを上げることを心がけました。おかげで無事に大学編入を果たすことができました。先生がしっかりとサポートしてくださったのがとてもうれしかったです。

木森 千歌さん

同志社大学 合格

英語と韓国語をしっかり学びたかったのでOCFLに進学することに決めました。2年間で語学力を高められ、自らの研究テーマである日韓関係について学習を深められる自信がつきました。大学では語学力を生かし、多くの留学生との交流活動に参加する一方、韓国への留学を果たし、異文化に対する理解を深めようと考えています。

佐々木 有紗さん

関西学院大学 合格

志望する大学に現役合格することができず、英語をしっかり学んでから大学へ編入しようと気持ちを切り替えOCFLに入学しました。長文の英文読解や小論文、面接の指導など編入試験対策は的確で、集中して受験勉強に取り組むことができました。編入後もTOEICなどの検定試験に挑戦していくつもりです。OCFLで学んだビジネスマナーの知識は、就職活動の時に役立つと思います。

田中 智子さん

奈良女子大学 合格

奈良女子大学合格 田中さん希望の大学に合格できなかったので、大阪外語で英語を勉強し、ワンランク以上の大学へ編入しようと思いました。TOEICや英検対策では目に見えて力がついていることを感じました。また、リーディングの授業では単に読むだけでなく、世界の出来事も学べて勉強になりました。面接試験ではビジネスマナーの授業が役に立ちました。丁寧、かつ、きめ細やかに編入指導して下さって、感謝しています。

辰巳 友紀さん

同志社大学 合格

同志社大学合格 辰巳さん大学受験に失敗し、浪人せずに大学を目指すことを考え、大阪外語に決めました。TOEICのスコアは在学中300点以上アップできました。大阪外語の授業で
は特に、リーディングの授業と異文化間コミュニケーションの授業で英語力を伸ばせ、また世界のことが学べました。ビジネスマナーの授業のおかげで緊張をせずに編入試験の面接に望めました。何よりもやる気のある学生には徹底的にサポートして下さる先生がここにはいらっしゃいます。

沈 美奈さん

関西学院大学 合格

関西学院大学合格 沈さん海外留学も良いと思い大阪外語のオープンキャンパスに参加。そこで大学編入専攻があることを知り、海外大学留学でなく、国内大学編入をしようと決めました。大阪外語では実践的な英語だけでなく、英語で考える力をつけることができました。また、ビジネスマナーの授業も、今後就職活動の時には役立つと思います。これから大学編入を目指すなら、英語だけでなく、様々な知識を身につけることをお薦めします。

仲宗根 祐介さん

関西外国語大学 京都外国語大学 ダブル合格

京都外国語大学/関西外国語大学W合格 仲宗根さん大学受験に失敗し、予備校に通いましたがそれでも受験に失敗しました。大阪外語の大学編入専攻を選んだのは、英語力をしっかり伸ばしたいと思ったからです。大学編入を成功させるには、毎日授業に出ること、コツコツ勉強することが基本だと思います。また、ビジネスマナーの授業は大変役に立ち、マナーカもアップしました。将来は貿易関係や英語を使った仕事などや海外と関わりのある仕事をしたいと思っています。

大矢 悠斗さん

関西外国語大学 合格

関西外国語大学合格 大矢さん大学編入をしようと思ったのは高校時代に受験に失敗し、浪人はしたくなかったから。大阪外語の編入専攻に入学を決めました。大阪外語のライティングや
実践英文法の担当の先生がきめ細やかに教えて下さり、大変勉強になりました。その結果、英語力も伸び、合格につながりました。大学編入を成功させるにはまず、まじめに学校生活を送ることだと思います。

板東 真紀さん

京都外国語大学 合格

京都外国語大学合格 板東さん大学受験に失敗し、色々な進学先を探しました。その時に大阪外語に大学編入コースがあると知り、2年間しっかり英語を学び、再び大学受験に挑戦しようと入学を決めました。大阪外語は、資格対策だけ、大学編入対策だけでなく、英語力をあげるスキル、ビジネスマナー等の社会人として必要な知識が学べます。面接試験では、ビジネスマナーの授業が役に立ち、落ち着いて受け答えができました。

資料請求はこちら、無料でお送りいたします。資料請求はこちら、無料でお送りいたします。
あなたの夢を実現へと導く「For My DREAM」、
大阪外語の全てが分かる
「就職・留学・大学編入実績BOOK」

資料請求して頂くと、オープンキャンパスなどの詳しいご案内もお送りします。

こんなあなたにおすすめ
・英語が話せるようになりたい
・子ども達に英語を教えたい
・しっかり英語を学習してから
 大学3年次へ編入したい

主な大学編入実績

(過去3年間の実績・一部抜粋)

愛媛大学
大阪外国語大学
(現大阪大学外国語学部)
香川大学
高知大学
滋賀大学
奈良女子大学
広島大学
山口大学
大阪市立大学
大阪府立大学
北九州市立大学
神戸市外国語大学
山口県立大学
追手門学院大学
大阪経済大学
大阪経済法科大学
大阪国際大学
大阪産業大学
大阪商業大学
関西外国語大学
関西国際大学
関西大学
関西学院大学
京都外国語大学
京都学園大学
京都産業大学
京都女子大学
京都橘大学
近畿大学
甲南女子大学
神戸山手大学
駒澤大学
摂南大学
大東文化大学
帝京大学
帝塚山学院大学
帝塚山大学
同志社大学
徳島文理大学
名古屋学院大学
奈良産業大学
奈良大学
阪南大学
姫路獨協大学
佛教大学
松山大学
桃山学院大学
立命館大学
立命館アジア太平洋大学
龍谷大学
他多数

取得できる資格

TOEIC
実用英語技能検定
日商PC検定

短大併修制度

大阪外語専門学校で短大卒業資格も手に入れる。
世界で活躍する企業への就職実績を誇る大阪外語専門学校では、愛知産業大学短期大学通信教育部と提携し、「短大併修制度」を設置しています。2年間の学習で専門学校の卒業資格(専門士)と短大卒業資格(短期大学士)の両方の取得が可能です。短大併修課程で学習することで、将来英語を活かした仕事が出来る企業で活躍することができたり、編入試験を受けられる大学が増えたり、あなたの可能性を広げることが出来ます。

学科紹介


大学編入
・オープンキャンパス
・特別イベント

申込み締め切りが近づいています。お早めにお申し込み下さい申込み締め切りが近づいています。お早めにお申し込み下さい 申し込む
10月2日(日)10:00-15:00
オープンキャンパス体験型

おすすめ!申込み受付中!大人気イベントにつきお早めにお申し込み下さいおすすめ!申込み受付中!大人気イベントにつきお早めにお申し込み下さい 申し込む
10月16日(日)10:00-15:00
オープンキャンパス体験型

おすすめ!  申し込む
10月30日(日)10:00-15:00
ハロウィンスペシャル オープンキャンパス体験型



友達誘ってオープンキャンパスへいこう


【自動抽出関連キーワード】
大学編入 編入 英語 英会話 外国語 語学 TOEIC 英検 就職 マナー 小論文 内定者 資格 浪人 予備校 専門学校 評判 日本 関西 近畿 大阪 学校 外国語大学 外大 大学 外短 外国語短期大学 短期大学 短大 大阪外語専門学校

資料請求はこちら資料請求はこちら