キャンパスニュース




OCFLの恒例行事の「校外学習」。今年は、総合英語科大学編入専攻、アジア言語ビジネス科中国語・英語ビジネス専攻、英語通訳翻訳科が、梅田芸術劇場にてミュージカル『メアリー・ポピンズ』を鑑賞し、堪能しました。

続き▽





OCFLの児童英語専攻の学生が、近隣の幼稚園で「英語で遊ぼうデ~」のボランティアレッスンを行いました。
3歳児から5歳児の園児さんたちと共に、歌にあわせてジェスチャーをし、絵本の読み聞かせを通じて、英語にふれあう時間を共にしました。

続き▽





アジアの玄関口である関西国際空港は、たくさんの日本人と外国人たちの出発で賑わっていました。 関空の出発ロビーだけでなく、到着ロビーも人々の顔は笑顔です。 外国での楽しく、充実した時間と経験が、たくさんの笑顔のもとになっているのでしょう。

今年もOCFLの学生たちが、ロサンゼルスでの研修に出発していきました。 アメリカ人家庭でホームステイをしながら、現地の幼稚園や小学校で先生のアシスタントをするという3週間の研修です。 ロサンゼルスという世界でも代表的な多文化が混在する都市に滞在し、公立小学校でいろんな文化背景をもったアメリカ人生徒さんたちと触れ合う日々を過ごします。

続き▽





夏季にも実施しましたが、冬季の繁忙期に空港でのインターンシップを体験したキャビンアテンダント・エアライン科ジュニア(1年)生の学生たちのレポートの一部を掲載します。


続き▽





近隣の小学校でのボランティアレッスンは、児童英語専攻の学生たちが楽しみにしていることのひとつです。自分たちが一生懸命に準備し、練習したレッスンを行い、生徒さんたちの反応を直接感じることほどやりがいを感じることはないのです。

続き▽





東京から元JALグループの採用面接官をなさっていた顧問をお迎えする年末恒例の「エアライン業界模擬面接」を2日間に亘って実施しました。このイベントは、12月と2月の2回に分けて実施します。学生たちに1回目で指摘された欠点や弱点を2回目までに修正してもらい、万全の状況で本番に臨んでもらうのがねらいです。

続き▽





「大阪外語専門学校スピーチコンテスト」を12月に大阪ドーンセンターの7Fホールで開催しました。本校の前進「通訳ガイド養成所」時代の校長、故國弘正雄先生の提唱でスタートしてから、今回が第40回目になります。

続き▽





12月11日~12月16日の日程にて国際観光・ホテル・ブライダル科の学生達がハワイホスピタリティ研修に参加しました。ハワイといえば、世界屈指のリゾート地。特にアジアからの富裕層の方々がバケーションを過ごす場所として知られています。参加した学生達のほとんどがハワイは初めてとのことでしたので、事前のオリエンテーションをこまめに行い、現地のホテルやブライダル施設の訪問のための準備を重ねました。

続き▽




児童英語教室の1年間は、季節ごとの楽しいイベントを楽しみます。 そんな中でも、サンタクロースからプレゼントをもらえることができるクリスマスレッスンは、特別なイベントです。今年も大いに盛りあがったクリスマスレッスンでした。

続き▽





昨年に引き続き、授業のない土曜日の12月2日、国際留学科担任のFrank Claypool先生が、クラス生のうち有志4名を連れて、大阪万博公園内の国立民族博物館で課外授業を実施し、大好評でした。博物館は、世界中の様々な文化のすばらしい展示物があり、英語の解説で異文化を学ぶには最適です。学生諸君は英語の基本的な語彙を増やし、読んだり、聴いたり、話したりして、大いに楽しみました。4時間半もの時間を博物館で過ごしましたが、とても短く感じたそうです。
  


 前の記事LinkIcon


【Yahoo:関連キーワード自動抽出】
大阪外語専門学校,キャンパスニュース,OCFL,チャンネル,