[OCFLチャンネル]大阪外語専門学校(OCFL)<公式サイト> | エアライン(キャビンアテンダント・グランドスタッフ)、ホテル、ブライダル、観光業界など、英語、中国語、韓国語を最大限に活かす就職や資格取得、海外留学への道が開ける外国語専門学校

グローバルに活躍できる力をここで。大阪外語専門学校

高校生・保護者の方資料請求はこちら高校生・保護者の方資料請求はこちら 大学生・短大生・社会人の資料請求はこちら大学生・短大生・社会人の資料請求はこちら 高等学校の先生方の資料請求はこちら高等学校の先生方の資料請求はこちら 入学相談室0120-166-277携帯からも通話料無料

学校紹介学校紹介学科紹介学科紹介募集要項・経済サポート募集要項・経済サポート就職・進学就職・進学海外留学海外留学オープンキャンパスオープンキャンパスアクセスアクセス

<<前の10件 | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | ... | 38 | 次の10件>>




国際親善女子車椅子バスケットボール2017が2月 9日(木)~11日(祝)、大阪中央体育館で実施されました。本校のエアライン科一年生8名が11日(祝)にボランティアとして運営のお手伝いをしました。全員が「サービス介助士」の有資格者です。
「サービス介助士」の資格は日本航空グループの社員の方々の多くが取得するなど空港やホテルなどで、ハンティキャップのある方々にサービスをする際に必要な知識を持ち、技術を習得していることを証明する資格試験です。この大会はオーストラリア、イギリス、オランダ、日本の車椅子バスケットチームの親善試合で、観客の方々の多くも車椅子で来場なさいました。他校のボランティアも含めて、ボランティア全員が「サービス介助士」の有資格者でした。やはり、専門的な知識がないと、車椅子の補助などは戸惑うケースがあるためです。
参加した学生たちの話によると、実際には電動車椅子の方が多く、普段から車椅子での外出に慣れていらっしゃるので、介助の必要はあまりなかったらしいです。しかし、「サービス介助士」の腕章をつけていることで、親しみを感じていただけ、とても安心感を持って接していただけたそうです。外での誘導はさぞかし寒かったことと思いますが、学生たちは終日、元気に責任感をもって役割を果たしました。もちろん迫力のある車椅子どうしのぶつかり合いなど、試合観戦も大いに楽しめたそうです。通常より軽く、早く回転できる選手用の車椅子も間近で見せてもらいました。転倒しても自分で起き上がったり、他の選手が手をかしてあげたり、親善試合なので、「敵」の選手も手をかしてあげるなどのほほえましい風景に、学生たちは感動したそうです。





2016年11月に、世界の馬術競技を統括する国際馬術連盟(FEI、本部スイス・ローザンヌ)の年次総会が東京で開催され、その際にOCFL生が運営サポートのインターンシップに参加しました(そのときの記事はこちら)。

OCFLの学生4名(英語通訳・翻訳科2年 辻本千春さん、林亮子さん、1年 湯城佳那さん、キャビンアテンダント・エアライン科1年 大野歩くん)は慣れない環境の中、5日間にわたる総会を成功させるために、OCFLで培った英語力とマナーでサポート業務を頑張りました。

このたび、その際の四人の頑張りを評価していただき、そのあかしとしてFEI様より感謝状が送られてきました!このようなことは滅多にないことのようで、それだけ学生たちの努力を認めていただいたということですね!

3年後には東京2020オリンピック・パラリンピックがあり、日本ではあまりメジャーではありませんが、馬術は花形競技のひとつです。3年後の成功に向けて、OCFL生もさまざまな形で協力しています!





年末恒例の「エアライン業界模擬面接」を実施しました。長年に亘りJALグループの採用面接官をなさっていた顧問の先生を東京からお迎えして実施するこのイベントは、12月と2月の2回に分けて実施しています。1回目で指摘された欠点や弱点をいかに2回目までに修正できるかが、大きく合否を左右するので、学生たちも真剣そのものです。

続き▽





12月17日~12月22日にかけて国際観光・ホテル・ブライダル科の学生達がハワイのホスピタリティ研修に参加しました。ハワイは大変人気の高い海外リゾート地の代表格であることは言うまでもありませんが、将来ホスピタリティ業界を目指す学生達にとっては「なぜ人は何度もハワイに行きたいと思うのか?」とういった人々の観光心理を分析するためにも大変良い機会だったようです。

続き▽





12月5日に東京で実施された第34回全国専門学校英語スピーチ・コンテストにOCFLの代表として出場した国際留学科の重田愛弥さんが第2位に相当する全国語学ビジネス観光教育協会理事長賞を獲得しました。重田さんは海外留学する準備をしており、人生を見据える視野を拡げたいと考えています。重田さんの関心のひとつは哲学で、スピーチへ向けてのさまざまなトピックを深く考察した後決めた最終テーマは、きわめて哲学的なものでした。

続き▽





皆さんこんにちは!寒い日が続きますね。
今年は旅プランコンテストは受賞ラッシュでしたが、またまたOCFL生が素晴らしい功績を挙げました!
「2016年学生による『ビワイチ』旅プランコンテスト」にて最優秀賞に新居美鈴さん、そして優秀賞に辻あゆみさんが輝きました。本当におめでとうございます!

続き▽





毎年12月に実施している「大阪外語専門学校スピーチコンテスト」の第39回大会を12月2日に大阪ドーンセンターの7Fホールで開催しました。

続き▽





前期の必修科目「AXESS国内3級対策」を学習したキャビンアテンダント・エアライン科のグランドスタッフ専攻の1年生たちが、この11月に「国内線3級」の検定試験を受験しました。結果はこの11月の検定では3年連続の合格率100%でした。3級は比較的合格率が高いとはいえ、全国平均では75.7%です。本校の対策授業の内容がいかに優れているか、指導の先生がいかに優秀か、学生たちがいかに努力したかが明らかです。後期からキャビンアテンダント専攻の1年生たちも選択科目を受講、グランドスタッフ専攻生は「AXESS国内2級対策」、次年度前期は「AXESS国際3級対策」を受講する予定です。今年度の2年生は82名がグランドスタッフに内定していますが、その多くが「AXESS国内3級」「AXESS国内2級」「AXESS国際3級」の資格を持っているので、即戦力として採用されました。
AXESSは日本航空グループの航空機の予約・発券のためのコンピューターシステムです。各空港のJAL系のグランドスタッフがチェックインカウンター等で使用しているシステムということです。また、空港だけでなく、旅行会社のオフィスにも多く設置されています。検定試験1級は、航空会社または旅行会社の社員しか受験できません。1級の取得者は各企業での社員研修を担当できるよう、さらにインストラクター資格をめざすようです。来年度からAXESSの検定試験の内容が改訂され、パソコン操作のみでなく、カウンターでの接客マナーや電話での応対マナーも出題されるとのことです。まさに、空港や旅行会社での総合的な即戦力養成の検定試験となる予定です。





オリンピック・パラリンピック東京大会まであと4年を切りました。各競技団体は既に2020に向けて始動しています。

今回、25年ぶりに東京都内で行われたのが、オリンピックでも格別の歴史を誇る馬術競技を司る、国際馬術連盟(FEI)の年次総会です。世界約80カ国から200名以上が参加するこの総会では、大小さまざまな会議が5日間に亘って開かれました。特に今回は、リオ2016が終わり、いよいよ東京2020に向けた4年サイクルが始動するということで、「オリンピック・パラリンピックフォーマット」と呼ばれる競技の実施要綱の採決が行われるなど、馬術界において、そして東京2020にとって非常に重要な総会となりました。また、ディナーパーティーなど社交の場もあり、世界中の馬術関係者が親睦を深め合いました。

この総会で大活躍したのが、OCFLから選抜された4名のインターンシップ参加者です!彼らは会場となったグランドプリンスホテル高輪及び新高輪で、ウェルカムデスクを担当し海外からのお客様をお出迎えしたり、会場誘導や会議運営補助などの業務につきました。参加者・関係者の大半が海外の方というまたとない環境で、OCFLで培った語学力、ビジネスマナーを発揮!関係者のみなさんからも大変に好評で、「OCFLの学生は全員とてもよく働くし、英語の意思の疎通も問題ないし、パーフェクト!ぜひまたお願いしたい!」と素晴らしいコメントを頂戴しました。

続き▽





国際観光・ホテル・ブライダル科の学生が、海外教育旅行セミナーのインターンシップに参加しました。
このセミナーは旅行会社や保険会社、外資系の航空会社が後援し、大学や高校で国際交流を担当している教員を招いて実施されるのもので、国際交流の実例や手法を紹介する内容で、本校の学生たちは旅行会社のスタッフの一員として、来場者の案内や受付などを積極的に行いました。


続き▽



<<前の10件 | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | ... | 38 | 次の10件>>



夢をかなえる第一歩 オープンキャンパス 無料かんたん資料請求




OCFLキャンパスニュース
【Yahoo:関連キーワード自動抽出】
大阪外語専門学校,キャンパスニュース,OCFL,チャンネル,