キャンパスニュース



毎夏恒例の国際学生デザインワークショップでの通訳インターンシップが今年もスタートしました。


国際学生デザインワークショップは、大阪市内にある創造社デザイン専門学校が世界中からデザインを勉強する学生を集め、日本人学生と共同でプロジェクトを行うものです。昨年は震災の影響で海外からの参加学生が少なかったのですが、今年は例年通り、アメリカ、シンガポール、マレーシアから多数の学生が来日しました。

このデザインワークショップでは毎年、OCFL英語通訳・翻訳科の学生が英日通訳者として活躍しています。今年も1年生・2年生の4名が、慣れないデザイン用語と格闘しながらも、懸命にコミュニケーションの架け橋として頑張っています。マレーシアやシンガポールの学生には中国語を話せる人が多く、OCFLの選択科目で中国語も勉強中の英語通訳・翻訳科生は英日中の3ヶ国語を駆使して奮闘!梅雨明けして暑さ真っ盛りの大阪でさらに熱い夏となっていることでしょう。

今回のインターンシップに参加している学生たちのレポートは、後日報告します。お楽しみに!


LinkIcon次の記事 前の記事LinkIcon


【Yahoo:関連キーワード自動抽出】
大阪外語専門学校,キャンパスニュース,OCFL,チャンネル,OCFL,シンガポール,マレーシア,国際学生デザインワークショップ,英日通訳者,通訳インターンシップ,中国語,OCFL英語通訳,翻訳科,1年生・2年生