キャンパスニュース



アメリカ、グアムにあるワールドブライダルへ企業インターンシップ中の瀬戸さんからの近況報告です。将来は海外で活躍できるブライダルプランナーを目指しており夢に向かって頑張っている卒業生です。


グアムに来て約2か月が経ちました。海外での仕事や、生活をするのは私の夢でそれが実現した事は、とても嬉しいはずなのに日本を出発する前に緊張からか体調をくずしてしまい、自分のメンタルの弱さに本当に驚きましたし、悔しかったです。
仕事の内容はお客様が日本で決めてきた事の最終確認、ドレスのサイズ合わせ、式の立会い、進行、その後の撮影、パーティーを手伝います。結婚式当日のお客さまはとてもHAPPYな気分で、式が終わった後「良い式ができたよ、本当にありがとう!」と感謝される機会が多くその瞬間、仕事のやりがいを強く感じることができます。限られた時間でお客様との間に良い雰囲気を築くことの難しさや、一生に一度の結婚式でミスをしてはいけないという緊張感も毎日感じます。日々学ぶことが多く四苦八苦しておりますが先輩方々が丁寧に指導して下さり、任せて頂ける事もあり責任と同時にやりがいを感じております。
日々、仕事をしていく中で英語でのコミュニケーションの重要性を感じております。日系企業ですので日本人スタッフ・ローカルスタッフなど英語を使う場面が多く、身振り手振りが通じない電話で何か頼まないといけない事も多々あり自分の英語力のなさを毎日実感しています。それでも、私の拙い英語を理解しようとしてくれ「こんなお客さんがいたの~」「今日の式はシンプルだから大丈夫!できるよ!」「グアムは慣れた~?」とたくさん話しかけてくれます。ほんとにいい人がたくさんいる会社に来れてよかった!と感じています。でもみんなが笑っている所で英語が理解できず笑えないのは本当に辛いです!でもそれ以外では毎日の業務に加えて、パンフレットの撮影に立ち会わせていただいたり、専門学校の学生さんたちの模擬挙式のお手伝いをしたり、会社のクリスマスパーティーや、グアムでの暑い暑いお正月、グアムで働いている日本の方の話が聞けたり、日本では出来ない事をたくさん経験させてもらっています。
覚える事が山ほどありめまぐるしい毎日で少し日本の家族や友達が恋しい事もありますが、貴重な経験をしている今を大切にグアムを思いっきり満喫したいと思います。そして早く戦力になれるよう、英語を覚えていきたいです。

ブライダル業界の国際化にともない本校のブライダル専攻では英語にプラス中国語、韓国語を学び海外で活躍できるブライダルプランナーを育成しています。ぜひ、あなたも一度オープンキャンパスで国際派ブライダルプランナーの体験をしてみませんか。


LinkIcon次の記事 前の記事LinkIcon


【Yahoo:関連キーワード自動抽出】
大阪外語専門学校,キャンパスニュース,OCFL,チャンネル,グアム,活躍できるブライダルプランナー,やりがい,瀬戸,身振り手振り,ともない本校,国際派ブライダルプランナー,ブライダル専攻,結婚式,ワールドブライダル