キャンパスニュース




カナダ・バンクーバーでの4週間の語学研修がスタートして、早くも3週目となりました。伊丹空港から全日空で成田へ、成田空港からはエアカナダへ渡航した際は、ハイシーズンなので出国も入国も時間がかかりましたが、快晴のバンクーバーに無事到着し、それぞれのホームステイ先で全員元気に過ごしているとのことです。

7月のバンクーバーは、1年で最も降雨量が少ない時期で連日快晴です。今年は例年になく30度を超える異常な暑さとなったカナダですが、湿度が日本ほど高くないので、木陰に入ると過ごしやすく感じます。日没が夜の9時半前後ですが、明るくても飲食店以外の店は早く閉まるので、日本と比べるとやや違和感のある夕方の街の風景ですが、治安がよいので安心です。

すでに、郊外学習として、グランビルアイランド、ギャスタウン、ハーバーセンターなどの散策、スタンレー公園でのサイクリング、ウィスラーへの日帰りツアーなど、レクリエーションも満喫しているようです。

学生諸君は、このすばらしい環境でのびのびと過ごしながら、精一杯英語力を伸ばしてくれていることでしょう。帰国後の8月29日には学内で2度目の英語実力試験を実施しますが、Listeningなどの点数がどれだけ伸びているか確認できるので、楽しみですね。


LinkIcon次の記事 前の記事LinkIcon


【Yahoo:関連キーワード自動抽出】
大阪外語専門学校,キャンパスニュース,OCFL,チャンネル,バンクーバー,ギャスタウン,グランビルアイランド,ウィスラー,レクリエーション,降雨量,伊丹空港,スタンレー公園,サイクリング,全日空