キャンパスニュース




12月に実施した「エアライン業界模擬面接」の2回目を2月に実施しました。学生諸君には直前模擬面接という意識で臨んでもらい、本番さながらの臨場感溢れる模擬面接となりました。面接官のお話では、第1回から引き続き参加した学生は、ほとんどが目に見える向上をしていたようです。初めて参加する学生はやはり緊張の余り初歩的なミスが目立ちましたが、先生方のアドバイスをすなおに聞いて修正してくれることでしょう。また、この模擬面接と並行して、「エアライン業界英語インタビュー」の講座も開講。日本語と英語の面接特訓に明け暮れた2日間でした。


<参加した学生たちコメント(一部)>
● 優等生すぎて面白みに欠けると言われました。もっと自分を見つめ直し、個性が輝き出るような話し方や内容を磨きたいと思います。
● 前回より自分らしさを出せたと思いますが、他の人たちと比べるとまだまだ考え方が甘いと気づかされました。日本語面接に加えて、英語面接にも対応できるよう、死にものぐるいで準備します。
● 職種研究が不十分であることを思い知らされました。もう一つの欠点は話し方でした。演劇をやっていたさいで、わざとらしい話し方になってしまい、もっと自然な話し方にしなければと思いました。
● 前回同様、笑顔をだせずに「堅い」イメージになってしまいました。笑顔をもっと意識し、「柔らかい」印象を与えられるよう努力します。絶対に内定をもらえるよう頑張ります。
● 面接全体を通じて感じたのは、緊張することの怖さです。ふだんの自分の力を100%発揮できず、言葉がでて来ず、うまく伝えられないもどかしさを感じました。緊張しても力が発揮できるようにひたすら練習します。
● 初めて模擬面接を受けましたが、自分の力不足をいやというほど感じ、第1回から受けなかったことを悔やみました。緊張のせいで声が小さくなり、目線が下向きになり、いかにも自信なさそうな印象を与えてしまいました。
● 前回ほどのひどい緊張をしなくなったのが進歩でした。それでも、面接官からはいろいろと欠点を指摘され、そのアドバイスを糧に、時間を有効に使いながら、よりよい志望動機を作り上げていくつもりです。
● 面接官から褒められてうれしがっていると、別の面接官から「褒められて舞い上がるのではなく、何か足りないものはないのか考えなさい」と言われました。、現状に満足せず、もっと上をめざそうと発奮するきっかけになりました。
● 前回ほどの緊張感もなく、楽しく面接を受けることができました。今回に備えて十分な企業研究を重ねてきたつもりでしたが、それでもうまく答えることができない質問もありました。さらに自分を磨きたいと思います。
● 前回よりも内容が良いと言われてとても嬉しかったです。反省点は質問に対する答えがダラダラと長すぎたことです。自分でもわかっていたのですが、やはり面接官からその旨指摘されました。勉強になりました。


LinkIcon次の記事 前の記事LinkIcon


【Yahoo:関連キーワード自動抽出】
大阪外語専門学校,キャンパスニュース,OCFL,チャンネル,面接官,エアライン業界,死にものぐるい,いやというほど,わざとらしい話し方,アドバイス,エアライン業界模擬面接,臨場感溢れる模擬面接,エアライン業界英語インタビュー,学生