キャンパスニュース




OCFLの児童英語専攻の大きな特徴のひとつは、たくさんの子どもたちと英語を通じて学びや交流を深めることです。
OCFLの児童英語教室と近隣の幼稚園と小学校(1年生から4年生)での豊富なボランティアレッスンでは、理論で理解していることを実践する非常に貴重な経験です。子どもたちも学生たちもレッスンを楽しみながら学んでいます。 


また、多くの回数がありますので、レッスンスキルがどんどん上達していくことができるのです。

それに、OCFLの学生たちだけが参加できるJAPEC主催の国際交流サマーキャンプでは、日本、アメリカ、オーストラリアの子どもたちとの交流を手伝います。お互いの文化紹介やアウトドアアクティビティーを一緒に楽しむことを通じで異文化交流を行うのです。


ロサンゼルスでは、ホームステイをしながら公立小学校に通い、授業を手伝ったり、日本文化を紹介したり、現地の子どもたちや先生方とふれあったりと、学校という場を大いに活用した教育と文化体験をすることができます。(もちろんLAといえば、ハリウッドやディズニーランド、ユニバーサルスタジオといった世界的に有名なアミューズメントパークに行けることもこの研修の大きな魅力のひとつです!)


OCFLでの児童英語教室では、通常の実習だけでなく、ハロウィーンやクリスマスレッスンといったスペシャルレッスンも学生たちが自分たちで考えたレッスンプランで行います。OCFLの児童英語専攻は、子どもたちの目線で楽しく学べるティーチングスキルを身につけることができます。


LinkIcon次の記事 前の記事LinkIcon


【Yahoo:関連キーワード自動抽出】
大阪外語専門学校,キャンパスニュース,OCFL,チャンネル,OCFL,アミューズメントパーク,児童英語専攻,アウトドアアクティビティー,子どもたち,児童英語教室,ティーチングスキル,ハロウィーン,ホームステイ,JAPEC主催