キャンパスニュース



OCFLの児童英語教師専攻の専門科目を担当されている天野史子先生(J-SHINE英語指導者育成トレーナー)が、大阪市立伝法幼稚園で行われた「英語で遊ぼうデー」でレッスンを行い、ジュニア生たちはアシスタントをしながら先生と園児さんたちのレッスンを見学しました。

まずは、4歳児の園児さんたちとのレッスンです。64名の元気のいい、朗らかな園児さんたち。いつものように「Hello~」と大きな声での挨拶のあと, 「Hello Song 」ではじまり、歌やジェスチャー、お天気の表現や絵本読みなど多彩なアクティビティーをいれたレッスンで、時間はあっという間に過ぎていきました。驚くことに、「 Head and Shoulders 」では、曲を流す前の段階で、園児さんたちは自然とジェスチャーと英語をメロディーにのせて立派に歌ってしまうのでした!

園児さんたちに楽しく英語に親しんでもらおうとはじまった伝法幼稚園の「英語で遊ぼうデー」。今までのレッスンを通じて、いろんな英語の歌をご紹介してきました。そして園児の皆さんは「Hello Song」や「 If You are Happy and You Know it 」の曲を見事に英語で歌えるようになり、生活発表会でお父さんやお母さんたちにお披露目ができたとのこと。もちろんそこには、園児さんたちと一緒に英語に親しんでいただいている先生方の指導があってこそです。「英語で遊ぼうデー」での学生たちのレッスンがきっかけで、園児のみなさんが英語親しみ、英語の歌を歌えるまでになっていただけるなんて、こんなに嬉しいことはありません。

5歳児のクラスのレッスンのなかでは、「 BINGO 」の歌をご紹介しました。歌も長いですし、手拍子のリズムも少し複雑になるのですが、「学びの天才」である子供たちはサラリと歌と手拍子をマスターしてしまいました。それに以前に比べると、英語への反応がずっと正確にそして早くになっている伝法幼稚園の園児さんたち。子供たちの学習能力は、本当に目を見張るものがあると実感させられます。

アシスタントとはいえレッスンにはじめて入った学生たちは、「まず緊張」し、「嬉しくなり」、そして園児さんたちとのレッスンは「とても楽しかった」とのこと。 園児さんたちのはじけんばかりのエネルギーに満ちた空気に触れさせてもらうことが、学生たちにとって何よりの刺激となり、「やる気の素」となります。 そして同時にこのような実習の機会は、学生たちにとって発見に満ちた貴重な時間です。

これからも新シニア生が実習をとおして成長していく姿をお伝えしていきます。

総合英語科児童英語専攻の説明はコチラLinkIcon


LinkIcon次の記事 前の記事LinkIcon


【Yahoo:関連キーワード自動抽出】
大阪外語専門学校,キャンパスニュース,OCFL,チャンネル,園児,Hello Song,Head and Shoulders,If You are Happy,園児さんたち,レッスン,ジェスチャー,伝法幼稚園,アシスタント,手拍子