キャンパスニュース




東京から元JALグループの採用面接官をなさっていた顧問をお迎えする年末恒例の「エアライン業界模擬面接」を2日間に亘って実施しました。この時期で学生諸君はまだまだ仕上がっていない面接作法や的を得ない受け答えなど、多くの厳しい指摘を受けましたが、2月の2回目の模擬面接および本番の試験に向けてきっと修正してくれることでしょう。

続き▽




国際留学科卒業生の長池眞優さんは、留学先のEverett Community College(2年制)で2シーズン目を 迎えていますが、彼女は大学の公式女子サッカーチームのミッドフィールダーとして大活躍中です。数多くのゴールとアシストを重ねてきて、今やチームの中心プレーヤーとなりました。今学期終了時に卒業の予定です。
   





今回エアライン科では、東京より元JALグループで面接官や代表取締役を歴任し、長年活躍されていた顧問をお招きし、航空業界て働く上での心構えや、昨今の航空業界を取り巻く現状についての特別講座を開講しました。

続き▽





OCFLのキャビンアテンダント・エアライン科の2018年度の研修として、カンタス航空、大韓航空、アシアナ航空のそれぞれの研修所での3つの海外研修を実施しました。以下は、アシアナ航空エアライン研修参加者のコメント(一部)です。

続き▽





OCFL国際留学科の学科主任・担任のFrank Claypool先生は、8月に米国カリフォルニア州に出張し、たくさんの提携校の先生方と情報交換してきました。


続き▽





今年も、OCFLの児童英語教室で、恒例の楽しいハロウィーンレッスンが行われました。


続き▽




OCFL国際留学科の学科主任・担任のFrank Claypool先生は、8月に米国カリフォルニア州に出張し、たくさんの提携校の先生方と情報交換してきました。その一つ、Glendale Community Collegeでは、卒業生の久保智恵子さんとの久々の再会を果たしました。
彼女は、現在、ジャーナリズムを専攻しています。Claypool先生は彼女の指導教授にもお会いして、卒業生の久保さんがいかに努力しているかをお聞きし、安堵したようです。大学は学校新聞を発行しており、久保さんも「英語で記事を書く」というすばらしい経験を積んでいるとのことです。(他の卒業生との再会についても後日アップします。)






大阪外語専門では、海外でのエアライン研修を毎年3ヵ所で実施しています。ソウルで実施する大韓航空研修、アシアナ航空研修、それと本校で既に10年以上続けている、シドニーでのカンタス航空研修です。語学学校で英語を学び、さらにカンタス航空の訓練所で英語での訓練を受けるというとても充実した内容の研修です。オーストラリアの物価は毎年継続的に上昇しているため、研修費が初年に実施した際の金額から40%も値上がりしていおり、今年度の実施が危ぶまれましたが、今年も、たとえ費用が高くても参加したいという熱心な学生たちがいたおかげで実施することができました。以下、参加者の感想の一部を紹介します。


続き▽





夏季のカナダ研修参加者の感想文の一部を紹介します。日本よりもすごしやすい夏のカナダを満喫してきたようです。

続き▽





恒例のデザインワークショップの通訳インターンシップに今年もOCFLの1・2年生が参加しました。以下、学生のコメントの一部を紹介します。

続き▽


 前の記事LinkIcon


【Yahoo:関連キーワード自動抽出】
大阪外語専門学校,キャンパスニュース,OCFL,チャンネル,