海外大学進学専攻 Overseas University Transfer1年制

アメリカ留学の場合、1年間の準備で、アメリカの大学での正規授業の約1年分にあたる単位を履修。30単位を提携校に移籍※して、アメリカの大学2年次にスムーズな正規編入を目指すコースです。

英語集中訓練も徹底して行い、日常英会話からアメリカの大学の授業を想定したアカデミックな英会話までブラッシュアップします。レベル別クラス編成なので、能力に合わせて語学力を磨くことが可能。留学を終えた帰国後の就職サポートも充実しており、日本での就職活動を万全のカタチでバックアップします。
※ただし、日本で学ぶ単位移籍科目の成績やTOEFLスコアが一定水準に達することが必要です。また、留学先の大学や学科・専攻によっては、単位移籍できる科目数が異なる場合があります。

RESULTS

海外大学実績紹介

アメリカ大学編入

Arizona State University

アメリカ大学編入

College of Lake County

アメリカ大学編入

Merced College→
San Diego State University

オーストラリア大学編入

James Cook University

アメリカ大学編入

Everett Community College

アメリカ大学編入

Glendale Community College

アメリカ大学編入

Palomar College

アメリカ大学編入

College of Southern Nevada

FEATURE

特徴について

OCFLならではの教育でワンランク上を目指す!

POINT
01

充実した英語集中授業

アメリカの大学での正規授業を想定し、日常英会話からアカデミックな場面の英語まで徹底的に訓練。レベル別クラス編成で、能力にあったレベルからスタートし、語学力を磨きます。

POINT
02

大阪外語専門学校で米大学の授業を約1年分履修

本数学、アメリカ史、経済学など、アメリカの大学のおよそ1年分相当の一般教養科目を大阪外語専門学校在学中に履修し、提携校に移籍 *。アメリカの大学2年次へのスムーズな正規編入をめざします。※移籍単位は、留学先大学、専攻等によって異なる場合があります。

POINT
03

安心できる留学生活をバックアップ

アメリカに61校ある提携大学は、教育内容や環境、設備、学生に対するケアといった観点で選んでいます。提携大学と大阪外語専門学校の連携も行き届いています。

POINT
04

大阪外語専門学校での学校生活全てが留学準備

授業以外の時間でも、大阪外語専門学校の学校生活の中で、外国人講師や留学経験のある日本人講師から留学情報を得ることができ、日常生活を通じて自然に留学への心構えができます。

POINT
05

アメリカの大学で学位と資格を同時に取得

アメリカの大学を卒業すれば準学士号、学士号が取得できるほか、内容によって、看護師、美容師、医師、アスレチックトレーナーなど、アメリカにおけるさまざまな資格も取ることができます。

POINT
06

安心できる就職サポート

留学を終えて帰国後は、就職センターで就職サポートを行います。履歴書作成指導、模擬面接など、日本での就職活動もバックアップ。

PICK UP

授業ピックアップ

01

単位移籍科目

取得単位を留学時に移籍し、提携米大学2年次に編入

アメリカの大学の必須科目(一般教養科目)10科目を大阪外語専門学校でアカデミック教科として学び、その単位(約30単位 *)を提携先大学に移籍し、2年次にスピーディーにアメリカの大学の学位を取得できます。また、アメリカ史や心理学入門などのアカデミック教科は、アメリカンスタイルで授業が行われるので、必要な知識が身につくだけでなく、留学先での学習にも役立ちます。さらにTOEFLで出題される分野とも密接に関連しており、TOEFL対策としても有効です。

※ただし、日本で学ぶ単位移籍科目の成績やTOEFLスコアが一定水準に達することが必要です。また、留学する大学や学科・専攻によっては、単位移籍できる科目数が異なることがあります。

02

スピーキング Speaking

コミュニケーション重視の授業で英会話力アップ

話し言葉を理解するリスニングとともに正しい発音をつけ、自己表現力を伸ばす。簡単な日常会話からスピーチ、ディスカッションが出来るコミュニケーション総合能力を習得するとともに、次世代TOEFLに対応できる英語表現力も身につけます。

POINT

ポイントについて

OCFLならではの教育でワンランク上を目指す!

POINT
01

アメリカの大学2年次に正規編入
1年間OCFLでの留学準備で海外大学へ正規留学

OCFLでの1年間で効率的、効果的な留学準備を行います。まずは、海外大学での授業の受講の仕方などのスタディスキルズを習得。TOEFL対策に取り組むとともに異文化理解の学習も行い、万全の準備を済ませた上で、米大学2年次編入などの正規留学を目指します。

POINT
02

アメリカ61校の提携大学
いずれも基準認定を受けた優良校で留学生の受け入れ態勢も整っています

OCFLが提携する米大学は全米61校に及び、そのいずれもが地元の教育認定機関から、優良な教育機関であることを認める基準認定を受けています。提携大学は海外からの留学生が数多く学び、留学生の受け入れ態勢も充実しており安心です。

POINT
03

OCFLの単位を一部移籍可能
アメリカの大学での正規授業の約1年分にあたる単位をOCFLで履修し、提携校に移籍

OCFL在籍中の1年間で留学準備に取り組むとともに、米大学1年分のアカデミック教科(一般教養科目)を履修できます。取得した単位(目標30単位)は、留学時に米大学に移籍できるため、留学先の大学2年次に正規編入することができます。

POINT
04

40年の歴史と、バツグンの留学実績
長年にわたって積み重ねてきた留学サポート留学渡航者は1,000人を超える

OCFLは海外留学がまだ特別なことであった40年以上前から、海外留学準備サポート機関として実績を積み、1,000人超の留学生を海外の教育機関に送り出してきました。この間に蓄積されてきたノウハウは独自のものがあり、社会から信頼を得ています。

POINT
05

日本では学べない分野専攻
日本の大学では学べない分野や最先端のスキルが海外の大学で学べます

政治、経済、文化、スポーツと分野を問わず進むグローバル化の時代に、海外で学ぶことは大いに意義があります。海外の大学には日本では学べない分野(犯罪学、航空学、動物学、野生動物保護、スポーツマネジメントなど)が豊富にあり、最先端の学問を専攻できます。

POINT
06

国際的ライセンス
弁護士秘書、看護師、獣医師など国際的ライセンスが取得できる

アメリカなど海外の大学で取得する資格は、国際ライセンスとして認められているものが少なくありません。今、注目されている弁護士秘書や看護師、獣医師、米国公認会計士(CPA)あるいはMBA(経営学修士)などを留学時に取得すれば、将来の可能性は一気に高まります。

TRAINING

充実の研修

校外学習

語学力を伸ばし、歴史文化、ビジネス事情、社会情勢などを学ぶ。

国際留学科の担任の先生によるミニ校外学習を定期的に実施。英語での説明や質疑応答で英語力アップに役だったこと間違いなしです。この回の行き先は万博記念公園と国立民族学博物館。学生たちが後期に受講している" world geography"(世界地理:一般教養科目、アメリカ提携大学の多くで単位認定してもらえる)を教えているのも担任の先生なので、まさに授業の延長でした。民族博物館は、地理の授業で習った多くの事柄を実際に見たり体験したりするすばらしい機会を与えてくれました。

CAMPUS LIFEキャンパスライフ

「わくわく」するイベントが満載。
充実した学生生活で、一生の思い出を作ろう!